<病態>

結石はオス、メスどちらも形成されます。体質や食事、感染に関連してできてしまうことが多いです。

オスは尿道が細長いので、尿道に詰まってしまい(塞栓)尿が出なくなることもあります。

症状は下腹部の痛みので排尿姿勢をとるようになります。

尿路結石はストルバイトとシュウ酸カルシウムが多く、

ストルバイトは食事でも管理可能ですが、シュウ酸カルシウムは手術による摘出が必要な場合が多いです。

 

<診断>

尿を採取し、顕微鏡で結石を確認します。

また、レントゲンや、エコー検査で膀胱の状態を確認します。

<治療>

ストルバイトであれば食事療法を行います。

結石が大きく、尿が出ない場合は、手術で結石を摘出する場合があります。

 

<key word>

「犬」「猫」「血尿」「尿が赤い」「頻尿」「しゃがむ」「尿量減少」「尿が出にくい」「尿が臭い」

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ