<病態>

血糖値が高くなり過ぎて色々な症状がでる病気が糖尿病です。血糖値を下げるホルモンを「インスリン」と呼び、

ワンちゃんの糖尿病はほとんどがインスリン依存性糖尿病と言われています。

体内で血糖値を下げるインスリンがなくなることで血液から細胞にグルコースを取り込むことができなくなります。

肥満がリスク因子と言われていますが、プードルなどは好発品種と言われており、遺伝的要素も原因の1つと考えられます。

 

<診断>

初期には多飲多尿(水を飲む量や尿量が多い事)などの症状が現れます。

進行すると体重減少や食欲減少、脱水に伴う元気消失や下痢嘔吐など色々な症状が現れます。

持続する高血糖および尿糖を検出することで診断します。

 

<治療>

インスリン製剤の注射により血糖値を低下させ、臨床症状の改善とケトアシドーシスという病態に発展させないことが治療の目的になります。

完治するのは難しい疾患なので上手く付き合っていく方法を模索することが大切です。

インスリン製剤の効果が薄い場合は基礎疾患の治療(避妊、クッシング症候群など)も同時に行うことが必要になる場合があります。

 

 

注射を打つのが初めてという方ばかりだと思いますので、注射の方法や治療方針をよく相談させてください。

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方からアクセス良好

犬・猫のがん治療に力を入れています

かみや動物クリニック