暑い日が増えましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 

今日は「熱中症」のお話です。6月に入って熱中症のワンちゃんが来院されています。

ワンちゃんは人間よりもアスファルトに近くて、アスファルトってすごく熱くなるのです。人間よりも簡単に熱中症になってしまうのです。

想像してください、夏場に毛皮のコートを着てアスファルトを裸足で歩くことを。・・・暑そう。

 

「少し歩いただけなのに」というくらいの運動強度でも熱中症はあり得ます。散歩は必ず気温の低い時間を選び、

散歩の後はクーラーのきいたお部屋で休憩させてあげてください。扇風機ではワンちゃんは涼しくないですから。

(クーラーの設定温度についてよく聞かれるのですが…人が涼しく感じれば大丈夫です!ワンちゃんがパンティング(はあはあ)している場合は温度を下げてあげてください!)

 

それでも、気をつけていても熱中症になってしまった場合。

体に水をかけて、大きな血管が通る場所(首、内股、脇)を冷却しながらすぐ病院に電話してください。

 

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

犬・猫のがん治療に力を入れています

かみや動物クリニックへどうぞ