<病態>

眼球の交感神経が障害されて引き起こされる

眼瞼下垂、眼球陥没、第3眼瞼の突出、縮瞳などの症状を指し「ホルネル症候群」と呼びます。

中齢、オスのゴールデンレトリーバーに多いと報告されていますが、半数以上が原因が特定できないケースが多いです。

<診断>

血液検査、レントゲン検査、超音波検査などで交感神経伝達路に異常がないか調べます。

 

<治療>

原疾患があればそちらを治療します。特発性の場合は点眼薬にて臨床症状を緩和させる。

予後は原疾患によって様々ですが、原因不明のホルネル症候群の症状改善には4ヶ月ほどかかるケースもあります。

ホルネル症候群の症例 ( 眼瞼下垂、縮瞳、第3眼瞼の突出がありました) 

→ 1週間の点眼薬で瞬膜が元に戻り、瞳孔も左右同サイズに戻りました。*同じワンちゃんです*

かわいいお顔に戻りました。(上図左:点眼前、上図右:点眼後)

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ