犬には唾液腺が複数あり、その一つが腫れてしまい咽頭部(喉の奥)を塞いでしまう病気があります。

レントゲンで喉の状態を確認した後、手術で嚢胞を切開します。

再発する場合は頚部の下顎腺を摘出する場合もあります。

(インターズー ステップアップ犬と猫の臨床歯科 より引用)

<症例1>

<症例2>

 

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方
獣医がん学会認定医の動物病院
かみや動物クリニックへどうぞ