<病態>

動物の皮膚、および口、肛門周囲粘膜、外耳道の表面に常在する酵母です。

何らかの原因で皮脂分泌が過剰になると、それを栄養源として過剰増殖します。

激しい痒みを示すとともに、赤み、かさつき、べたつきがみられます。

脂分泌過剰だと特徴的な臭いも生じます。

 

<診断>

症状と細胞診の結果に基づいて診断します。

マラセチアは健在な皮膚や外耳道にも存在するため、

細胞診(テープの検査やガラスを皮膚に押し付ける検査)によって病変部に存在する酵母様真菌の数を診る必要があります。

<治療>

通常は他の動物に感染はしません。(うつらない)

全身性抗真菌薬や、シャンプー治療、内服によって治療します。

 

写真:                  初診時                                         5ヵ月後 痒みも改善傾向です。

 

<Key Word>

「皮膚」「マラセチア」「カビ」「犬」「ベタつき」「あぶら」「かゆい」「かゆみ」「赤い」「黒い」「頭を振る」「汚れ」「臭い」

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方
獣医がん学会認定医の動物病院
かみや動物クリニックへどうぞ