<病態>

白血病には急性と慢性があり、今回は慢性リンパ球性白血病の症例です。

慢性リンパ球性白血病は、成熟したリンパ球が以上に増えて、血液や骨髄、リンパ節、脾臓に浸潤する病気です。

中高齢の犬に多く発生し、猫では少ないです。

<診断>

白血球数が増加し、リンパ球数が20000/ul以上の場合は強く疑われます。

脾臓が腫大していたワンちゃん症例のご紹介をします。

白血球数:33800/ul リンパ球数:22800/l

 

増加した成熟リンパ球

腫大し、虫食い状に低エコーになった脾臓(診断時)

同じ部位の寛解時のエコー画像

<治療>

抗癌剤による治療が中心となります。

寛解(症状が出ていない状態)にできれば、長期予後が見込めます。

今このワンちゃんは経過良好で、エコーで脾臓が小さくなっています。

現在は定期検診を受けていただいています。

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ