細菌性、マラセチア性、寄生虫性、アレルギー性など外耳炎の原因も様々です。

耳道内にポリープが出来る場合もあります。

外耳炎は繰り返しやすいので、動物も飼い主様もストレス少なく治療できる方法をご提案できればと思います。

左:治療前           右:3回目の治療前