<病態>

皮膚と皮下組織の腫瘍の中で、多く発生する良性腫瘍です。

赤色ドーム状のものが多く、直径は1~2cmです。

多くは若齢犬の頭部や耳介、四肢に発生します。

 

<診断>

典型的な見た目に加え、細胞診(針を刺して細胞を見る検査)で診断します。

 

<治療>

特に治療は必要がなく、通常は3ヵ月以内に自然退縮します。

小さくならない場合や、動物が気にする場合のみ切除を検討します。

 

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ