<病態>

犬や猫に多発する腫瘍で、特に犬の皮膚腫瘍では最も発生が多く、猫の皮膚腫瘍では2番目に発生が多いのがこの「肥満細胞腫」です。

また加齢とともに、発生頻度が高くなる傾向があります。

皮膚には「しこり」ができて、見た目や触診だけでは脂肪腫などの良性腫瘍とはっきり区別がつきません。

発生場所や「悪性度」(癌の悪さ)で治療方針が大きく異なります。

 

<診断>

前述の様に視診(見た目)や触診(触り心地)のみでは診断困難のため、

針吸引で細胞を採取し、顕微鏡で以下のような細胞を見つけ診断します。

 

 

<治療>

外科的切除、化学療法、放射線療法などが主な治療法となります。

手術後の「病理検査」で肥満細胞腫の「悪性度」を判定し、補助療法の必要性を検討します。

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ