<病態>

リンパ腫は癌化したリンパ球が病変を作る血液がんの一つです。

いくつかのタイプがあり、その一つを消化器型リンパ腫と言います。

胃に発生することもあり、胃の壁が分厚くなり食事を取れない状態になるケースもあります。

 

<診断>

針で細胞を吸引し、顕微鏡で観察、又は病理検査で、腫瘍性リンパ球が存在しないか確認します。

 

<治療>

ビンクリスチン、サイクロフォスファマイド、アドリアマイシン、プレドニゾロン、L-アスパラギナーゼと言った

抗がん剤がメインとなりますが、副作用の少ない抗がん剤もございます。

治療は状態に応じていくつも方法がありますので、まずはご相談下さい。

 

左:肥厚した胃粘膜(黄色線 10mm)    右:同部位の抗がん剤治療後(黄色線 2mm)  

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ