<病態>

乳腺腫瘍は中高齢の未避妊雌において最も一般的に認められる腫瘍です。

良性と悪性(乳癌等)の比率は50%:50%と言われています。

初回発情前(生後半年前後)に避妊手術をすると、腫瘍発生率が0.5%以下に抑えられると言われています。  

 

<診断>

未避妊の雌といったヒストリーと、乳腺部に「しこり」ができている事を確認します。

触診のみでは他の腫瘍の可能性もあるので、出来る限り針検査(FNA)等で腫瘍細胞の確認をします。

<治療>

手術による摘出が第1選択となります。

乳腺腫瘍を確認したら、腫瘍の転移の有無や、全身状態を確認するために

血液検査やレントゲン検査を実施します。  

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ