<病態>

急性膵炎と、慢性膵炎があります。

急性膵炎:膵臓の消化酵素が何らかの原因で活性化されることにより、膵臓自体が自己消化されて起こります。

食事や薬物、遺伝性が原因と考えられています。犬に多いです。

慢性膵炎:急性膵炎が長引いたり、繰り返し起こることによって慢性化した状態をいいます。

老齢の猫がなりやすいですが、無症状で経過することも多いです。

<診断>

急激なお腹の痛みや、食欲不振、嘔吐が症状で出ることが多いです。

身体検査では右上腹部の圧痛(抑えると痛い)、背湾姿勢(頭を下げて腰を上げる姿勢)などが見られることが多いです。

血液検査で、白血球の増加、肝臓や膵臓酵素活性の上昇(Lip、c-PLI)がみられます。

また、レントゲン、エコー行い膵臓領域の状態を確認して診断します。

<治療>

痛みや、ショック症状を抑えるため、補液や鎮痛薬を投与し、短期間の絶食により、膵臓の活動を抑制します。

嘔吐が治まれば、低脂肪の食事を少量ずつ与えます。

 

<key word>

「嘔吐」「下痢」「お腹の痛み」「背弯姿勢」

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ