<病態>

歯周病の初期に発症する状態で、歯肉に炎症が起こり、発赤や腫脹がみられます。

症状が進行すると、歯肉からの出血が起こりやすくなります。

犬:歯石に関連することが多い

猫:歯石以外にも感染(細菌、ウイルス)、免疫反応の異常などが関連する

 

<診断>

視診による歯肉や口腔粘膜の炎症で判断します。

猫はFIV(猫エイズ)・FeLV(猫白血病)感染の有無を確認します。

<治療>

原因を推定して治療していきます。

歯石が原因の場合:スケーリング(歯石除去手術、全身麻酔)

ウイルス感染が先行する場合:インターフェロン製剤

細菌感染が重度の場合:抗生物質

炎症が重度の場合:消炎剤、ステロイド

免疫反応が先行している場合:免疫抑制剤、ステロイドなど

 

<抜歯手術>

猫ちゃんの抜歯手術の1例を記載します。

歯周病・歯肉炎の症状から犬歯以外の臼歯を全て抜歯しました。

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ