<病態>

心臓を4つの部屋に区分する「弁」が閉じない病気を「弁膜症」と言います。

小型犬の心疾患のうち、75%~85%が僧帽弁閉鎖不全症(MR,MI)です。

老齢の小型犬(チワワ、マルチーズなど)に多く発生し、最終的に心不全を起こします。

また、キャバリアには若い頃からMRが生じることが知られています。

 

<診断>

咳が出る、疲れやすい、呼吸が荒いといった症状が出ます。

小型犬に心雑音の聴取がされればMRの可能性が高いです。

レントゲン、心エコー、心電図など、各種臨床検査を用いて正確な病態を把握します。

 

<治療>

外科治療が根本的な治療法ですが、実施施設は限定されます。(当院では実施できません)

外科治療ができない場合は、お薬による内科的治療がメインとなります。

症状の緩和、生命予後の延長を目的としています。

 

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ