犬は出生時には、まだ精巣は腹腔内(お腹の中)に位置します。

通常、雄犬は約6カ月齢までに陰嚢内に精巣下降が完了するのですが、腹腔内や鼠径部に精巣が停留してしまうことがあります。(潜在精巣と呼ぶ)

この停留精巣では、陰嚢内よりも精巣が高温に晒され、癌化するリスクが約9倍増加するというデータもあります。

その為、潜在精巣は早期の摘出が望ましいと考えられています。

以下が鼠径部・腹腔内停留精巣の手術写真です。

腹腔内潜在精巣

お腹の中から精巣を摘出