<病態>

胆泥とは、胆汁が濃縮して黒色化し、泥状の胆泥として貯留した状態です。

体質や食物の影響で貯留してしまうことが多いです。

シュナウザーやシェルティーなど胆泥が溜まりやすい犬種もいます。

猫では胆泥貯留があれば感染があると言われています。

完全に閉塞する場合は胆嚢が破裂する場合もあります。(胆汁性腹膜炎)

 

<診断>

血液検査で胆嚢マーカーの確認や、レントゲン、エコー検査で胆嚢の状態を確認します。

胆泥が重度に貯留した「胆嚢粘液嚢腫」という状態になると、粘膜が黄色くなる「黄疸」する場合があります。

<治療>

胆嚢炎や、内分泌性疾患がみられる場合は、その治療を行います。

利胆薬や、抗生物質の投与で改善される場合もあります。

胆嚢粘液嚢腫の場合は緊急手術で胆嚢摘出をする場合もあります。

 

<key word>

「嘔吐」「下痢」「発熱」「食欲不振」「腹痛」「目が黄色い」

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ