卵巣子宮摘出手術では、以下のような病気を未然に防ぐことが出来るメリットがあります。

  • 乳腺腫瘍
  • 子宮蓄膿症
  • 偽妊娠など

他にも性的ストレス緩和や、発情出血の抑制効果が期待ができます。

乳腺腫瘍(乳がん)の予防には早期(6カ月齢前後)の避妊手術が必要とされています。

また、ウサギは子宮疾患の罹患率が高く、子宮から出血性貧血を起こすリスクも知られています。

まだまだウサギの避妊手術は犬や猫よりも一般的ではないような印象ですが、ご相談くださればと思います。

避妊手術は日帰りで行っております。

以下が避妊手術の写真です。

 

お腹の毛を剃り消毒

卵巣、子宮を牽引し切断