<病態>

腸管から多量の蛋白を失うことにより、低蛋白血症になる全身疾患です。

よくみられる症状は慢性的な下痢です。その他に、元気が無くなったり、体重減少、嘔吐、脱水がみられます。

免疫異常や、腫瘍が関連して発症することが多いです。好発犬種はミニチュアダックスです。

 

<診断>

身体検査、便検査、血液検査を行います。

エコー検査で小腸にシマウマ状陰影(ゼブラサイン)が見られることもあります・

内視鏡を用いて検査したり、場合によっては開腹して生検(組織検査)を行うこともあります。

 

<治療>

免疫疾患に伴って発症している場合は、その治療(ステロイドや免疫抑制剤)を行います。

食事療法で改善する場合もあります。(低アレルギー・低脂肪食等)

腸リンパ腫が原因の場合は、抗がん剤の投与が有効的です。

 

<key word>

「犬」「ダックスフンド」「下痢が治らない」「体重減少」「元気が無い」「お腹が張ってる」

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ