<病態>

皮膚と皮下組織の腫瘍の中で、多く発生する腫瘍です。

軟部組織肉腫とは、浸潤・再発が強く、転移は比較的しにくいという傾向がある腫瘍をまとめた名称です。

 

肘に発生した巨大な軟部組織肉腫

<診断>

触診と細胞診(針を刺して細胞を見る検査)をして、紡錘形と言われる細胞を採取して、顕微鏡で観察し診断します。確定診断には組織を一部切除する「生検」が必要となります。

 

<治療>

外科切除が基本的な治療法です。

発生した場所によっては広く切除できないこともあるので、再発のリスクは相談しながら治療することが多いです。

写真の子は腫瘍が自壊(壊れて出血する事)して断脚手術を行いました。

病理結果:血管周皮腫 (軟部組織肉腫の代表格です)

脚を切ることは辛い治療ですが、術後2週間で3本足で歩けるようになりました。

術後1年元気で暮らしています。

 

高浜、刈谷、安城、碧南 三河地方で動物病院をお探しの方

獣医がん学会認定医の動物病院

かみや動物クリニックへどうぞ